ドイツ大悲正法山興聖普門寺

メンバー NEW!







 普門寺アイゼンフッフ禅センターは修行をより深めたい人に、住み込みで規律ある環境の中で指導を受けながら修行に励むことができる場を提供しています。

そのため、調整・捻出して、ある程度時間を作り一定期間だけ住み込んで修行をしていく人と、しっかり腰を据え、じっくり修行に励む人がいます。

下の写真は長期普門寺で修行し、普門寺のために働き、今現在普門寺の中心になって支えていってくれている女性達です。





事務所にて。
左が2002年3月から普門寺に住み込み修行に励んでいるスザネ印光さん。
右が2006年10月からのマリア円光さん。
中央は中川老師の片腕として普門寺全体の運営・管理や
「目覚めと健康」講座を取り仕切ってくれているルート妙智さん。





 普門寺はどんなところでどんな人達がいて、メンバー達はどんな生活をしているのでしょうか?

 普門寺の現在のメンバー、山内のメンバーとして普門寺をよくご存知の人達に語っていただきました。

まずは現在のメンバーのマリアさんとスザンネさんにどうして普門寺に来てここで修行されているのかを聞いてみました。



マリア円光・ホーフマイスターさん インタビュー






スザンネ印光・モッツさん インタビュー






 普門寺のために長年活動を続けている玄法ハーンさんに、普門寺がよく受ける質問に答えてもらいました。(「普門寺だより」バックナンバーの記事より)

玄法・ハーンさん インタビュー






 そして日本から10周年記念行事の準備のために来て、半年滞在し、布教活動で手一杯の中川老師を助け、特に日本関係の行事の準備を取り仕切ってくださった若山悠光さんには、普門寺での生活について書いていただきました。
(「普門寺だより」バックナンバーの記事より)

若山悠光さん 「普門寺での修行体験」











ページ先頭へ移動












inserted by FC2 system